診療案内

根管治療

歯の内部には空洞があり、中に神経などの組織が入っています。神経に炎症が起きた場合や空洞の内部が汚染された時に行われるのが根管治療です。

根管治療が必要な症状

根管治療

3つのケース

1.神経が強い炎症を起こした場合
虫歯が深部に進んで歯の神経に達してしまい、神経が強い炎症を起こして痛みを出してしまっている場合

2.神経が死んでしまった場合
歯をぶつけた、重度の歯周病により歯根の先端から神経にばい菌が入った、虫歯の放置、重度の知覚過敏症、というようなことが原因で神経が自然に死んでしまった場合

3.歯根の先端に膿が溜まってしまった場合
神経の治療の途中で放置した場合や、根の治療が終わってしばらくしてから歯根の先端に膿が溜まってしまうことがあります。このようなケースは歯根の内部に感染が起こっている状態ですので、根管治療が必要になります。

歯の構造と根管治療とは?

歯の構造

歯を長持ちさせるために重要な根管治療

表からは見えませんが、全ての歯の内部には、私たちが通常「神経」と呼んでいる「歯髄」というものが入っています。歯髄は神経だけでなく、血管などを含む軟らかい組織で、歯髄腔(しずいくう)と呼ばれる管の中に歯根の先端の穴から入り込んでいる形になっています。

歯髄は通常歯に守られていますが、虫歯や外傷で異常な刺激を受けると強い炎症を起こします。また、細菌が内部に入り込むと、感染を起こして死んでしまったり、歯根の先端に膿を溜めてしまったりします。このような状態を放置していると痛みが出るだけでなく、歯自体をダメにしてしまいます。このような状態から歯を救うために行われるのが根管治療です。根管治療を行うことで、歯をその後も持たせることが可能になります。

根管治療の流れ

根管の長さを測定

根管の長さを測定

かぶせ物や虫歯を取り除き、歯根の根管を見える状態にして、中に入っている神経、もしくはもともと詰まっていた詰め物を取り除いていきます。その後、リーマーと呼ばれる針のような器具を根管の中に入れ、根管長測定器を使いながら慎重に歯根の長さを計測します。

根管の掃除

根管の掃除

リーマー・ファイルという針のような器具を使って根管の中を念入りに掻き出すように掃除していきます。器具が歯根の外に飛び出して周囲の組織を傷つけることのないよう、根管長測定器で測った長さに合わせてストッパーを合わせ、慎重に一つ一つ丁寧に行なっていきます。掻き出された汚れで根管が詰まらないよう、時々薬液で洗浄しながら行います。

薬剤による消毒・殺菌

薬剤による消毒・殺菌

根管内の汚れを念入りに掻き出した後、きれいになったら薬液を浸した脱脂綿などを内部に入れ、細菌に汚染された根管を1週間ごとくらいのサイクルで消毒・殺菌していきます。内部からの膿や浸出液が落ち着き、歯の症状が落ち着くまで繰り返しますので、歯の状態によっては結構な回数がかかることもあります。

根管充填

根管充填

歯がきれいに消毒され、症状も落ち着きを見せたら、歯根の内部に固形のお薬を緊密に詰め、細菌が侵入しないようにします。お薬を詰めた後はレントゲンを撮って、しっかりと奥まで隙間なく詰められているかどうかを確認します。

歯根に土台を入れる

歯根に土台を入れる

根の治療が終わったら、上にかぶせ物をする準備に入っていきます。まずは、しっかりとかぶせ物を支えられるように、土台を入れていきます。土台には金属のもの、プラスチックのもの、グラスファイバーのものがあり、歯の状態、保険治療かどうか、というようなものを基準に選択していきます。土台を入れた後は形を整え、かぶせ物の型取りをします。

かぶせ物をする

かぶせ物をする

型をとって出来上がったかぶせ物を調整し、装着して治療は完了です。一旦治療は終了となりますが、定期的に歯根の状態をレントゲンで撮って、状態に問題がないかどうかを確認していきます。

外科治療が必要な場合

切開・排膿

歯根の先端に膿が溜まっている場合、その膿溜まりが大きいと、歯茎の直下まで膿溜まりが押し寄せ、歯茎が腫れてくることがあります。パンパンに腫れてしまう場合もあり、そのような場合には強い痛みを起こすこともあります。このようなケースでは、根の治療に先立って歯茎に麻酔をし、切開して膿を積極的に排出させる必要があります。

歯根端切除術

歯根の先端の膿溜まりが大きい場合、通常の根管治療ではどうしても治らないことがあります。このような場合、抜歯を防ぐ手段として、歯茎に麻酔をし、歯根の先端部分を切り取って病巣ごと取り除く、という手段を行うことがあります。

歯牙再植術

こちらも根管治療を行っても治らない場合に行われる外科的な治療法の一つです。歯根の位置などの理由により歯根端切除術が行えないケースの場合に、一度歯を抜いて、歯根先端にある病巣を直接取り除き、元の位置に歯を植え直す、という方法です。一度歯を抜歯しますので、予後がそれほど良いとは言えませんが、うまくいけば数年でも歯を長く使えるという意味では価値のある治療だと言えます。

歯根分割術(ヘミセクション・トライセクション)

大臼歯のように歯根が数本あるケースで、そのうちの1本の歯根だけ状態が悪いケースにおいて行われます。問題のある歯根だけ切断して抜去し、残った歯根に被せ物をして歯を生かすことができます。

歯の痛みなどのトラブルに対する治療、詰め物やかぶせ物、入れ歯などで噛む機能を回復する治療を行います。

  1. 虫歯治療
  2. 歯周病治療
  3. 根管治療
  4. 詰め物・かぶせ物
  5. 入れ歯・差し歯・ブリッジ
  6. バクテリアセラピー

歯を失ったところに人工の歯根を埋め込んで、噛む機能の回復、見た目の回復をします。天然歯のような使い心地が魅力です。

  1. インプラント

虫歯や歯周病を積極的に予防していくことで、歯を健康で長持ちさせるためのお手伝いをしていきます。

  1. 予防歯科

歯の審美面(美しさ)に重点を置いた治療を行うことで、よりきれいで美しい口元を追求・実現していきます。

  1. 審美的歯科治療

お口のケガなどのトラブル対応、親知らずの抜歯などのような外科的な治療に加え、お口のできものや顎関節症の治療なども行います。

  1. 親知らず
  2. 口内炎・できもの
  3. 咬合性外傷

お子さんの虫歯予防、虫歯治療、歯並びのチェック・治療などを、お子さんが楽しく通えるような工夫をしながら行っています。

  1. 小児歯科

求人情報
私達と一緒に働きませんか?

活動報告

セミナーや勉強会、医院の情報など公開しております。


インターネットご予約
初診時のご注意

初診の方の注意事項がありますので、事前にお読みの上、ご来院ください。
●初診時にお持ちいただくもの
・健康保険証や医療証等
・服用中のお薬を記したメモ
※かかりつけ医から処方されているお薬を服用している方は、メモ書きで結構ですのでお持ちください。
保険証の期限切れにはご注意ください。
●問診票記入時のご注意
初診の方には、受付で問診票をお渡しいたしますので、診療が始まるまでにご記入ください。予約時間の10分前くらいに来て書いていただくとスムーズに診療に入れます。
●キャンセルについて
キャンセルの場合は予約の2日前までに必ずお電話でお願いします。
ご予約がなくても受診することができますが、待ち時間が長くなる可能性がございます。あらかじめご了承ください。また痛みが非常に強い場合など緊急の場合は遠慮なく受付にお申し出ください。

     

オンラインご予約

診療カレンダー
診療カレンダー

<平日・土曜日>
10:00〜13:00/14:30〜20:00
※受付は19:30まで
<日曜日>
10:00〜13:00/14:30〜17:00
※受付は16:30まで
火曜日・祝日休診

お知らせ
お知らせ

         
2019.08.07 8月13日から20日まで院長学会のため休診です。8月11日は祝日ですが10時から17時まで12日は10時から13時まで営業します。
2019.01.28 診療カレンダーを設置しました。
         
2018.11.30 12月1日は、都合により18時閉院とさせていただきます。
         
2018.11.22 12月23日、24は祝日のためお休み、年末年始は12月30日〜1月4日までお休みです。
         
2018.10.29 公開いたしました。
〒168-0065 東京都杉並区浜田山3丁目30-9
TEL 03-6379-8122

Page Top