診療案内

親知らず

親知らずと言っても全て抜かなければならないわけではありません。抜いたほうが良い親知らずとはどのようなものか、見ていきましょう。

親知らずとは?

インプラントの構造

痛みや腫れのトラブルを起こしやすい親知らず

親知らずとは、第三大臼歯と呼ばれるもので、前から数えると8番目の歯にあたります。「親がこの歯の生え始めを知らないような年齢で生えてくる」ことから、親知らずというように呼ばれています。そのため、だいたい10代後半から生えてくることが多い歯です。

ただ、親知らずは全ての人に生えてくるわけではなく、もともと親知らずのない人や、歯の生えるスペースが足りずに、骨の中に埋まったまま出てこないケースも珍しくありません。親知らずはきれいにまっすぐ問題なく生えてくるケースもありますが、きちんと生えずにトラブルを起こすケースがしばしば見られ、強い痛みや腫れを起こして多くの人を悩ませてしまいます。

親知らずは抜歯した方がいいのか?

虫歯の場合

親知らずは喉の近くにありますので、歯ブラシが届きにくく、虫歯を作ってしまうことがよくあります。虫歯が小さめで、かつ親知らずの向きがまっすぐであれば、虫歯を削って詰める治療をすることも可能ですが、治療をしても気をつけて磨かないとまた虫歯になってしまうので注意が必要です。大きな虫歯の場合は治療器具や機械が届きにくくて治療が大変であることや、治療をしても予後が悪いことから、抜歯が勧められます。

痛みがある場合

親知らずの痛みが出る場合、親知らずが生えてくる時に押してくる痛みや、歯茎の炎症もしくは虫歯が原因になっています。痛みの原因が重度の虫歯である場合には、早めに抜歯をしたほうが良いでしょう。親知らずが生えてくる時の痛み、歯茎の炎症に関してはケースバイケースで、きちんと生えてしまえば痛みがなくなることもありますし、歯の周囲をきれいに清掃するだけで落ち着くこともあります。しかし、様子を見てもきちんと生える見込みがない、痛みが頻繁で辛い場合には早めに抜歯したほうが良いでしょう。

噛み合わせに障害がある場合

親知らずが生える方向によっては、噛み合わせの歯との当たりが悪く、顎関節症を発症してしまうことがあります。また、親知らずが生えてくる際に、前方にある歯を押して、歯並び全体を乱してしまうこともあります。これらのようなケースでは、早めに抜歯をし、周囲の歯や顎関節に及ぶ不具合を早めに解決していく必要があります。

親知らずを放っておくと…

前の歯を押す親知らず

親知らずの向きによっては、親知らずが生える際に前の歯を押す力が働き、歯並びがずれて前歯が重なってしまったり、噛み合わせが変わることがあります。また、それによって起こった歯並びの変化が顎関節に悪影響を及ぼし、頭痛、肩こりなどの体の不調を起こす原因にもなります。

親知らずと歯の間に食べかすがつまる

親知らずが斜めや真横に倒れている場合、生えてこようとしても前の歯にぶつかってしまい、ぶつかった位置で止まったままになります。そうすると、親知らずと手前の歯との間にできたスペースに食べ物がつまり、なおかつ歯ブラシで取り除くことが難しいため、親知らずとその手前の歯の両方に虫歯を作ってしまいます。

親知らずに歯茎がかぶっている状態

親知らずが手前の歯にぶつかって生えてこれない場合、また、顎の骨そのものに生えるスペースが足りない場合、親知らずが低い位置でとどまって、歯茎がかぶった状態になります。すると、歯と歯茎の間から細菌が入り込んで歯茎が炎症を起こし、腫れや痛みを出す原因になります。

親知らずの抜歯

上の場合

上の親知らずは、歯根が1根であることが多く、また、埋まっている骨がやわらかいので、あっという間に抜けるケースが多いと言えます。それゆえ抜歯後の痛みや腫れも出ないことがほとんどです。ですが、稀に親知らずの歯根が複雑な形をしているケースや、向きによっては非常に抜きにくいこともあります。上の親知らず抜歯のリスクとして、上顎洞(副鼻腔の一つ)が近くにあるため、抜いた後に感染を起こすことがある、ということが挙げられます。

下の場合

下の親知らずは埋まっている骨が非常に硬いこと、骨に大部分が埋まっていたり、斜めに倒れているケースが多いこと、そして歯根が複数あって骨にしっかり埋まっていることなどから、抜歯が難しいケースが多く見られます。そのため、骨を削って抜かなければならなかったり、歯を削って真っ二つに割って抜かなければならないことも多く、抜歯後に強い痛み、腫れを伴うケースが珍しくありません。下の親知らず抜歯のリスクとして、稀に下顎の血管や神経を傷つけてしまうことがある、ということが挙げられます。

歯の痛みなどのトラブルに対する治療、詰め物やかぶせ物、入れ歯などで噛む機能を回復する治療を行います。

  1. 虫歯治療
  2. 歯周病治療
  3. 根管治療
  4. 詰め物・かぶせ物
  5. 入れ歯・差し歯・ブリッジ
  6. バクテリアセラピー

歯を失ったところに人工の歯根を埋め込んで、噛む機能の回復、見た目の回復をします。天然歯のような使い心地が魅力です。

  1. インプラント

虫歯や歯周病を積極的に予防していくことで、歯を健康で長持ちさせるためのお手伝いをしていきます。

  1. 予防歯科

歯の審美面(美しさ)に重点を置いた治療を行うことで、よりきれいで美しい口元を追求・実現していきます。

  1. 審美的歯科治療

お口のケガなどのトラブル対応、親知らずの抜歯などのような外科的な治療に加え、お口のできものや顎関節症の治療なども行います。

  1. 親知らず
  2. 口内炎・できもの
  3. 咬合性外傷

お子さんの虫歯予防、虫歯治療、歯並びのチェック・治療などを、お子さんが楽しく通えるような工夫をしながら行っています。

  1. 小児歯科

求人情報
私達と一緒に働きませんか?

活動報告

セミナーや勉強会、医院の情報など公開しております。


インターネットご予約
初診時のご注意

初診の方の注意事項がありますので、事前にお読みの上、ご来院ください。
●初診時にお持ちいただくもの
・健康保険証や医療証等
・服用中のお薬を記したメモ
※かかりつけ医から処方されているお薬を服用している方は、メモ書きで結構ですのでお持ちください。
保険証の期限切れにはご注意ください。
●問診票記入時のご注意
初診の方には、受付で問診票をお渡しいたしますので、診療が始まるまでにご記入ください。予約時間の10分前くらいに来て書いていただくとスムーズに診療に入れます。
●キャンセルについて
キャンセルの場合は予約の2日前までに必ずお電話でお願いします。
ご予約がなくても受診することができますが、待ち時間が長くなる可能性がございます。あらかじめご了承ください。また痛みが非常に強い場合など緊急の場合は遠慮なく受付にお申し出ください。

     

オンラインご予約

診療カレンダー
診療カレンダー

<平日・土曜日>
10:00〜13:00/14:30〜20:00
※受付は19:30まで
<日曜日>
10:00〜13:00/14:30〜17:00
※受付は16:30まで
火曜日・祝日休診

お知らせ
お知らせ

         
2019.08.07 8月13日から20日まで院長学会のため休診です。8月11日は祝日ですが10時から17時まで12日は10時から13時まで営業します。
2019.01.28 診療カレンダーを設置しました。
         
2018.11.30 12月1日は、都合により18時閉院とさせていただきます。
         
2018.11.22 12月23日、24は祝日のためお休み、年末年始は12月30日〜1月4日までお休みです。
         
2018.10.29 公開いたしました。
〒168-0065 東京都杉並区浜田山3丁目30-9
TEL 03-6379-8122

Page Top